Raspi3で監視カメラ

Raspi3が遊んでいることが分かったので、使っていなかったケースを組付けてみたらがぜん創作意欲が沸き、今回監視カメラシステムを作ることにした。

組付けは特に問題なかったが、マイクロSDカードを指先で抜き取るのは難しい。起動してみるとRasbian Stretchが導入されていたので、まず最新のRaspberry PI OS (Debian Buster)を導入することからスタート。相変わらず固定IPを割り振る際のトラブルに見舞われたが、何とかeth0とwlan0を設定した。

Raspi起動時にmotionを自動起動する

Raspiの起動時にmotionが起動すると便利なのでその設定。

$ sudo vi /etc/rc.local
# Print the IP address
_IP=$(hostname -I) || true
if [ "$_IP" ]; then
  printf "My IP address is %s\n" "$_IP"
fi
motion &   <=== これを追記
exit 0

motionのデータ保存場所をnasへ変更

画像・映像データは概してファイルサイズが大きい。このためSDカードの残容量を圧迫することになるので、極力接続するHDDやnasへの格納が好ましい。

設定ファイルを編集

$ sudo vi /etc/motion/motion.conf

404行目付近のtarget_dir以下をnasないし外付けHDDのマウント位置および格納ディレクトリーに記述に書き換える

# Target base directory for pictures and films
# Recommended to use absolute path. (Default: current working directory)
target_dir /mnt/nas1/motion <== ここの設定を変更

fstabの修正

raspiの起動時にnasを自動マウントさせるようにfstabの設定を変更する。

$ sudo vi /etc/fstab
proc            /proc           proc    defaults          0       0
PARTUUID=3b15c817-01  /boot           vfat    defaults          0       2
PARTUUID=3b15c817-02  /               ext4    defaults,noatime  0       1
# a swapfile is not a swap partition, no line here
#   use  dphys-swapfile swap[on|off]  for that
//raspi4.local/nas /mnt/nas1 cifs credentials=/etc/fstab.cred,vers=1.0,iocharset=utf8,rw,uid=1000,gid=1000,forceuid,forcegid,_netdev 0 0

//raspi4以降が自分が追記した自動マウントの設定。マウント位置は各自の環境に準じて設定すること。なおcredentials=/etc/fstab.credはユーザー名とパスワードの隠蔽の設定。ユーザー名とパスワードが記載されたfileを作りそれを起動時に参照するようにするもの。自分の場合そのファイルは以下のようになっている。

$ sudo cat /etc/fstab.cred
username=hoge
password=fuga

このfstabの修正にはだいぶ時間を費やしたのは予想外。起動後のnasのマウントは出来るのに起動時にマウント出来ないということでraspi-configをいじり、以下の設定に変えたことが成功のキーだったかも。

ネットワークが確立するまでbootを保留する、という設定。

自宅の玄関前をターゲットにキャプチャー

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください