VSCodeでC/C++開発環境

もう何十年も前のことになるが、東芝の初代Dynabookというノートパソコンを購入したことがある。文書作成が主な目的だったがプログラミングもやってみようということになり、Basicを少しかじってみた。物にはならなかったが、以後プログラミングに興味を持ち、Cの入門本も買ったのだがやはりこれもものにならなかった。

時代は変わり,マイクロソフト社のVisual Studio Codeという開発環境構築ツールが無償で使える時代になり、家のパソコンに入れてみた。先日までろくに使いこなせないでいた.時間もたっぷりある生活を送っている今,このVSCodeを脳トレの一環でCの勉強で使ってみようと思い立ち再開することになった次第。

今回参考にしたサイトはこちらの3つ.

https://www.youtube.com/watch?v=77v-Poud_io&t=301s visual studio codeのインストール
https://www.youtube.com/watch?v=0HD0pqVtsmw MingWのインストール
https://www.msys2.org/ MingWの本家サイト

VSCodeの入手はこちらのマイクロソフトのサイトから.

https://azure.microsoft.com/ja-jp/products/visual-studio-code/

構築手順は

1.Visual Studio Codeのダウンロードと拡張機能のインストール.
2.GCC for Windows 64 & 32 bits(Mingw-w64)のダウンロードと各種設定.
3.パスを通すためWindows上でシステム環境変数の値の追加.

詳しい構築手順は熟練者の紹介サイトに譲ることとし,以後C/C++の勉強の状況をだらだらと綴っていきたいと思っている.参考本は以下の画像のもの.今図書館で借りているがいずれ買うこととする.

Add a Comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください